通学禁止にならない為にタミフルや除菌スプレーで予防

インフルエンザにかかると、通学を禁じられてしまうのが一般的です。テストや受験を控えた学生にとっては大きな痛手になってしまうでしょう。長い場合は一週間程度、学校へ行けなくなることもあります。そのため何とかインフルエンザになるのを避けようとしても、冬になるといつも流行してしまいます。そこで重要になるのは予防方法です。普通の風邪を予防する場合はマスクをするだけでも十分ですが、インフルエンザの場合はそれだけでは足りません。
インフルエンザの予防と聞くと、予防接種をイメージする人が多いのではないでしょうか。確かに予防接種をすることにより、インフルエンザにかかる可能性を下げられます。しかし完璧ではありません。他の方法も併せて行うことが重要なのです。そこでおすすめなのがタミフルを使う方法です。タミフルというとインフルエンザの特効薬と認識している人が多いでしょう。リレンザとともに、非常に有名なインフルエンザの薬です。あまり知られていませんが、タミフルはインフルエンザの治療だけでなく、予防薬としても大きな効果があります。
しかしタミフルを入手するには病院に行かなければなりません。そのような時間を確保できない人もいるでしょう。そういう場合は、まず殺菌や除菌を行うためのスプレーを使うと良いでしょう。インフルエンザの感染予防に重要なのは、体内へのウィルスの侵入を防ぐことです。手洗いやうがいを徹底するのはもちろんですが、除菌用のスプレーを携帯しておけば、かなりインフルエンザの予防になります。何かするたびにスプレーを手や対象物に噴射するだけで、インフルエンザのウィルスを除菌できます。食事前はもちろん、電車のつり革を触った後や、トイレから出た後などもしっかりスプレーすると良いでしょう。